足汗がすごい

足汗がすごいので臭いに悩んでたけど、今ではすっかり解消できました

足汗がすごくて靴を脱ぐと臭い

 

足汗が靴の中にたくさん出て、中敷きがめくれる事ってありませんか?

 

靴の中でストッキングが滑るほどの汗。

 

靴を脱ぐと悪臭がして恥ずかしくて悩んでました。

 

友達の家に靴を脱いで上がる時が恥ずかしくて辛かった。もしかして足の臭いがする!?床に足跡が付く!?と、内心ハラハラ。

 

でも足汗の原因が分かってからは、足汗に悩むことはなくなって精神的にとても楽になりました。

 

 

すごい足汗の原因は?

 

 

人間には汗をかいて体温調節をします。ところが汗をかく機能が低下して、汗の出にくい体になると何が起こるか?

 

 

汗の出にくい体になるの?

 

 

体の機能は余り使わないと低下します。運動不足や空調で常に快適な環境で過ごすといったことが日常化すると、汗をかく機能は低下します。

 

当たり前のことなんですが、普段の楽をして体を動かさない生活がスゴイ足汗に関係してるなんて考えてもみないことです。

 

 

 

何故足汗がすごく出るの?

 

気温が高くなったとします。すると普通だったら体温が上がらないように汗をかきます。

 

ところが、体が汗をかきにくくなっていると、汗腺が閉じてしまっています。だから比較的汗腺が多くてまだ閉じてない汗腺のある足や顔、手のひらから汗が出るんです。

 

 

このまま汗をかく機能が低下し続けるとどうなる?

 

汗をかく機能が低下すると、足汗がスゴくなるだけでなくもっと体に悪い影響があります。

 

  • ドロドロして蒸発しにくい汗をかくので体温調節がうまくいかず汗が止まらない。
  • 老廃物が体内に溜まって免疫力が下がる。
  • 老廃物が一度に出るので雑菌が繁殖しやすい。
  • ミネラル分がたくさん排出されて熱中症になりやすい。
  • 冷え性になりやすい。

 

足汗がすごいのを放っておくと、このように健康に良くない事がわかります。だから次のような対策をすると良いですよ。

 

悩みの足汗を止める方法とは

 

取り組むことは、お湯でゆっくりと体を温めたり、運動で汗をかきながら老廃物を出して汗をかく機能を高めます。

 

この時急に激しい運動をすると、ベタベタの汗に含まれる大量のミネラル分を再吸収できず、大量に失ってしまうのです。

 

ゆっくりと時間をかけて体温を上げて汗を出すことがポイントとなります。

 

私が行った2つの対策

 

  • 1.温かいお湯に30分浸かる
  • 2.早歩きのウォーキングで汗をかく

 

 

1.お湯に30分浸かる

温かいお湯に30分浸かる

40度くらいの熱くないお風呂に30分浸かることで、全身の血行が良くなりお湯の中で汗をかきます。

 

30分もと思われるかもしれませんが、汗をかく機能が低下していると、体温が上がるのに時間がかかるのです。

 

続けることで、体温が上がる時間が短くなり汗をかきやすくなってくるのです。

 

2.ウォーキングで汗をかく

 

お湯に30分入るのに慣れたら、ウォーキングすることでもっとスムースに体温が上がるようになり、汗をかきやすくなります。

 

 

 

この対策のデメリット

 

足汗が止まるまでに時間がかかるので、モチベーションが続きにくい。これは大きなデメリットですね。

 

 

待ってられないという場合は、とりあえずの対策で足汗を止めましょう。たとえば足汗の制汗剤を使うという対策があります。

 

 

1.とりえあずの対策

 

 

スティックタイプの制汗剤は、何度も足に塗ると不潔になります。

 

クリームタイプのものを塗るのは時間がかるので、仕事中に塗ることは難しいです。

 

 

手早く使える制汗剤を探してみるとありました。

 

制汗剤で足の汗をとめる

色々と試して見つけたのが、この足汗用の制汗剤。この制汗剤で汗がすぐに止まりました。

 

 

足汗を止めておいて、汗をかく機能を高める対策に取り組みました。3ヶ月以上取り組むことで、全身にサラサラの汗をかくようになったんです。

 

今では友達の家にあがるときに足跡や臭いに悩むこともなく、何気なく靴を脱いで上がるようになりました。

 

 

早歩きで汗をかいて汗腺を開く

 

制汗剤だけでもダメ。根本的に汗を止めることも必要ですから、お風呂や軽い運動の組み合わせる事がポイントかな。

 

両方の対策をすることで、十分な足汗対策ができたと思います。

 

最近はオシャレな靴を履いて、友達とショッピングに出かけています。

 

 

参考)こちらから足汗用の制汗剤【足サラ】の詳細を確認できます。

 

 

page top